みんなで大家さんが魅力的【安定した利回り投資が低額で出来る】

住宅

マンションの経営

マンション

マンション投資の工夫点

マンション経営を安定して行うためには、納税に気を付けることが大切です。特に借入金を起こしている場合にはその返済と納税のバランスに気を付けることが必要になります。その理由として返済原資は経費にはならないため産出される利益とキャッシュフローが大きく異なることがあるためです。また納税時期が個人であれば原則として3月15日が振替納税を利用している場合には4月中旬が納付期限となり、法人であれば原則として事業年度終了の日から2か月経過した日が納付期限となります。したがって一度収入として手許に入ってきたのちに納付することになります。これらの点からマンション経営において納税資金を準備しておくことが大切となります。

マンション投資の注意点

マンション経営のリスクのひとつとして空室をつくらないということがあります。空室が長い期間続くことは非常に大きなリスクとなります。なぜならその間の家賃収入が途絶えてしまうことになるからです。空室リスクを抑えるためには家賃設定などを調整しながらなるべく空室をつくらないことが必要となります。他にもリスクがあります。そのひとつとして売却時に保有物件が値下がりしている可能性があるという点です。保有物件が値下がりして最悪の場合であれば借入残高を下回った水準でしか売却することができない可能性もあります。こうなってしまうと収入はなくなり返済だけが残るという状態になります。この点を解消するために余裕のある資金計画に基づいてマンション経営をすることが大切となります。